祭典と催し

歳旦祭

歳旦祭さいたんさい(元旦祭)は毎年1月1日午前10時より斎行しております。新たな年を祝い、皇統の繁栄・五穀豊穣・氏子崇敬者の安泰繁栄を祈念しております。
元日朝方には境内にて甘酒の振舞いを行っているほか、近年は奉演が催され、みなさま方の初詣のご参拝・ご祈祷をお待ち申し上げております。

節分祭

節分祭せつぶんさいは毎年2月3日に斎行しております。
立春の前日・春の節が始まる日である節分は、鬼の侵入を防ぐ日と言われ、鬼やらいの日/追儺ついなとも呼ばれ、邪気を祓い清め、運気・幸福を招き入れるめでたい行事です。祭典では、年男年女の方々の厄除祈願が行われます。
当社では境内(拝殿舞台)より福餅投げを行うほか、福引きも行われ、多くの参拝者で賑わいます。

平成三十年 節分祭
平成30年は特別に歌手の永井みゆきさんにお越しいただき、館山市観光PRソングの「ふるさと館山」を歌唱いただきました。 → 続きを読む

例大祭 やわたんまち(安房国司祭/八幡の祭り)

やわたんまち 八幡の祭り 安房国司祭 山宮神社

当社の例大祭は、昔の国司祭を継承したものと伝えられています。年一度の例大祭には多くの人が参拝し、昔府中では市も開かれ大賑わいだったと言われています。総社が改変され八幡宮となり、現在の地に遷座されてから、この国司際は当社が代って継承し、9月の敬老の日の前の土、日曜日に執り行われています。

初日には安房あわ神社を初め洲宮すのみや神社、下立松原しもたてまつばら神社、手力雄たぢからお神社、山宮やまみや神社、山荻やもおぎ神社、莫越山なこしやま神社、小幡こはた神社、高皇産霊たかみむすび神社、子安こやす神社、合わせて10社の神輿が当社境内にある御仮屋に御出祭され、六所祭を執り行います。

やわたんまち 八幡の祭り 安房国司祭 山車 お船 新宿 南町 三軒町 神明町 六軒町
翌日には、館山市北条地区の5基の山車・御船も参加、昔ながらの市も開かれ、立錐の余地もない程の賑わいとなり、関東でも有数のお祭りとされています。なお徳川時代までは、仏教の影響でこの大祭を放生会と称し、別当寺那古寺も参加していました。

古より現在まで子どもからご年配までの方が楽しみする弊社例大祭は、八幡の祭り、やわたのまち、やわたんまち、やあたんまっちなどと呼ばれ親しまれ、平成16年に千葉県指定無形民俗文化財「安房あわやわたんまち」に登録されました。

年間行事一覧

この他に6月・12月の晦日には大祓式があり、交通安全祈願祭、初宮詣、結婚式等、随時行われます。